脂肪吸引は最後の手段にしましょう。

手術後に起こりうる後遺症

後遺症について説明していきますが、カニューレで皮下脂肪を吸引する際どうしても毛細血管を傷つけてしまい出血してしまい、治療後は内出血が生じてしまいます。
人によっていろいろな色がありますが、赤色や紫色になってしまい痛みもあります。
その時は冷却してピークを迎えることが大事です。
10日から2週間ほど経過すると治っていきます。
その他にもカニューレを出し入れする際、腫れを生じる人もいます。
吸引した部位がぷよぷよと膨らみ、吸引前よりも太って見えることもあります。
やはり1番の後遺症はカニューレを入れる際に切開しますが、その切開した部分の傷が残ってしまうことです。
小さく切開しますが、切った部分は最終的には後遺症になってしまうのです。
ノーリスクでは無い以上治療を受けるに当たって覚悟が必要になってくる事は、治療前に覚悟を決める必要があるのです。
しかし医者は皆、後遺症をなるべくなくすような努力は可能な限り努力しています。
皮膚を切開する以上は傷跡が確実に残ってしまうことも考えていなくてはいけません。
場合によってはケロイド状の後になってしまうリスクも考えてください。

脂肪吸引で脂肪を取る方法手術後に起こりうる後遺症脂肪吸引の最大のリスク

脂肪吸引 : 脂肪吸引の5つのデメリット